Loading...

Follow Inked on Feedspot

Continue with Google
Continue with Facebook
or

Valid

示談交渉の時に気をつけなければいけないことについて解説します。争いごとを当事者同士で話し合い、解決することを示談と言います。しかしながら交通事故をめぐる損害賠償のほとんどのケースでは示談によって解決しています。ほとんどの保険会社に相手との示談の交渉を代わりに行ってくれるサービスがついているので、人身事故で大きな怪我をしてしまった場合以外は事故に遭った被害者もあまり示談というものに関して深く意識することは少なく、保険会社にいわれるがままに話を進められて、最終的に用意された書類にハンコを押して終わりというものが普通のケースになります。

しかし、保険会社から送られてくる書類の中で損害賠償の金額や合意を見ないで簡単にハンコを押してしまうと後からやり直すことはできません。そのため、絶対に適当にハンコを押さないようにすることが大切です。

示談というものは争いをやめる契約をすることを意味しています。そのため、一度示談が成立してしまうと、後で身体に不調が起きたり、後から後遺障害が発覚しても損害賠償の金額を請求することはできなくなります。

このように示談はやりなおしが効かないといわれているケースがほとんどのため、内容をしっかりと理解して、納得してからハンコを押すことが重要になります。

Read Full Article
  • Show original
  • .
  • Share
  • .
  • Favorite
  • .
  • Email
  • .
  • Add Tags 

示談の交渉に気をつけることについて解説します。まずは当事者同士だけで絶対に解決してはいけないということです。交通事故を起こしてしまった場合には警察を呼ばなければいけない決まりがあります。そのため、事故を起こした人間同士で勝手に話し合いが進められて同意してしまうと示談が成立したとみなされています。

そのため、一度示談に同意してしまうと相手に後から賠償金を要求することや、後から怪我をしていたことが発覚してもお金を請求することはできなくなります。そのため、交通事故が起きた瞬間から示談のことを頭にいれて行動をする必要があります。

警察によって作成される交通事故の証明書や実況見分の調書は示談や裁判のときに重要なものになります。そのため通報しなかった場合は証拠がなければ事故が起きたことを証明することもできなくなります。そして事故によって怪我をしてしまった場合は医師から後遺障害が残る可能性があると言われることもあります。その時には後遺障害等級が認定されてから交渉をはじめることが重要になります。

加害者のほうは刑事責任を軽くしたいことから交渉を急ぐ傾向がありますが、その加害者のペースに合わせるのではなく、自分の怪我のペースに合わせて完治をするか後遺障害が認められてから示談を開始しなければいけません。この注意点を忘れてしまうとあとから怪我が発覚したときにはもう手遅れで、交渉のやりなおしはききません。

Read Full Article
  • Show original
  • .
  • Share
  • .
  • Favorite
  • .
  • Email
  • .
  • Add Tags 

Separate tags by commas
To access this feature, please upgrade your account.
Start your free month
Free Preview